愛媛で釣りする きころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

キス釣り 初めてのキス釣り準備!

 お疲れんこん、きころパパです。

キス釣りのシーズン到来ですね! 私もキス釣りを始めて、早3年。これまでの経験をもとに、初心者の方、キス釣りを始めたい方にオススメのタックルなどをご紹介します!

 

f:id:kikoropapa:20180506012220j:plain

 

まずは「チョイ投げ」から

キス釣りには、大きく分けて二つのやり方があります。1つは「遠投」で遠くのキスを狙うもの。もう1つは近くのキスを狙う「チョイ投げ」です。

 

大海原に向かって、スゴーンと投げられる遠投釣りは気持ちがいいものですが、いきなりは無理です。長い竿にもてあそばれて、思い通りの場所に投げることもできないでしょう。

 

そこで、これからキス釣りを始めようという人には、3m程度の短めの竿を使う「チョイ投げ」をオススメします。チョイ投げと、侮ることなかれ。私は尺ギスまでは釣ったことはありませんが、私が過去に釣った25センチ以上のキスは、ぜんぶチョイ投げでゲットしています!

 

 

ということで、独断と偏見で、チョイ投げをベースに、どのような道具が必要かを紹介していきます。

 

キス釣りに必要なものは、次の10個です。

1、竿

2、リール

3、PEライン

4、仕掛け

5、エサ

6、石粉

7、竿掛け(竿立て)

8、水汲みバケツ

9、クーラーボックス

10、氷、保冷剤

 

竿は3m前後がオススメ

1、竿

3m前後のものが使いやすいです。チョイ投げといっても、50メートルくらいは飛ばせるものでないと、探る範囲が狭すぎて釣果も期待薄です。となると、ある程度の反発力、すなわちカーボン含有率がある竿になると思います。

 

カーボン含有率は、メーカーサイトに出ていますので、なるべく含有率が高くて、かつ安価なものを探しましょう。含有率が云々というのは面倒くさいと思われる方は、シマノかダイワの竿を選んでおけば、間違いはないでしょう。

 

私が使っているのは、過去の記事にもあるようにシマノのホリデーショートスピンです。長さは275センチと短いですが、3メートル前後の短い竿のほうが、取り回しがしやすく、投げやすいです。

 

チョイ投げの場合、海岸よりも内港や岩場など、狭い場所での釣りが多いと思います。その場合も短い竿のほうが、使いやすいのです。

 

いま私が買うなら、2017年に発売されたシマノのホリデースピンショートモデル275だと思います。私のホリデーショートスピンはブルー基調ですが、2017年発売の下記のモデルは、グレー基調でカッコイイです! 

 適合オモリも15号までなので、十分な飛距離が見込めます。実際は7号~10号のオモリが投げやすいでしょう。ちなみに私は7号相当のオモリを使って50~60メートル投げています。

 

ちなみに、チョイ投げであれば、下記のオモリがオススメです。ジェット天秤や普通の天秤よりも、静かに着水するので、キスもあまり驚かないのかなと思います。チョイ投げで藻の間を狙うような時も、オモリが立つので根掛かりが少ないように感じます。

  

ささめ針(SASAME) TKS41 特選SLエアーシンカー(ピンク) 26

ささめ針(SASAME) TKS41 特選SLエアーシンカー(ピンク) 26

 

   

2、リール

チョイ投げであれば、あまりこだわる必要ないです。私がキス釣りのチョイ投げで使っているのは、下記のシマノセドナ2500Sです。Sはシャロースプール、つまりスプールが浅いことを示しています。スプールが浅いということは、あまり多くの糸を巻けないことを意味していますが、ナイロンよりも細いPEに特化しているとも言えます。

 

 

シマノ リール 17 セドナ 2500S

シマノ リール 17 セドナ 2500S

 

 このセドナ2500SはPE0.8号を150メートルも巻けるので、キスのチョイ投げやエギングでも、大いに活躍してくれるでしょう! 普通、キスの遠投釣りではドラグが無いリールを使いますが、このセドナ2500Sはドラグ性能もしっかりしているので、大型キスとのやり取りも、かなり楽しいです。私はこれで28センチのキスを釣り上げました。

 

ちなみに、私はこのセドナ2500Sを2個持っています。一つはキスのチョイ投げ用。もう一つはアオリイカのエギング用です。それほど使い勝手が良いリールだというふうに解釈をお願いします(爆)。

 

3、PEライン 

さて、チョイ投げでも遠投でも、必須になるのが「PEライン」です。ナイロンラインに比べて細く軽く、良く飛ぶ糸です。ただ根ズレには弱く、岩や障害物に擦れると切れやすいので、必ず仕掛けとの間にリーダーを付ける必要があります。

 

リーダーはナイロンでもいいし、フロロカーボンでもいいでしょう。太さは3~4号がオススメです。3~4号の糸は、エギングのときのリーダーにも使えるので、汎用性が高いからです。下記のような500mの巻き糸がコスパが良いです。

 

ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 500m 3号 クリアー

ダイワ(Daiwa) ジャストロン DPLS 500m 3号 クリアー

 

 

PEラインは0.8号がオススメ

さて肝心のPEラインの太さですが、キス釣りであれば0.6号~0.8号が良いです。キス釣りだけなら0.6号でも良いのですが、エギングにも使いまわせる0.8号がやはり汎用性が高く、コスパが良いです。

 

PEラインの中でも、10mごとに色が変わるものが良いです。当たりがあったときに、ラインの色を覚えておけば、次も同じような距離を攻めることが簡単だからです。

 

遠投用であれば、25mごとに色が変わっているものがいいですが、チョイ投げであれば10mごとの色変化で十分です。10mごとの色変化のPEラインのほうが、25mごとに色変化するPEラインよりも相対的に安いと思います。

  

ゴーセン(GOSEN) ライン PE DONPEPE ACS 150m 0.8号 GBN01508 5色色分け 150m

ゴーセン(GOSEN) ライン PE DONPEPE ACS 150m 0.8号 GBN01508 5色色分け 150m

 

 

4、仕掛け

釣具屋さんで売っている、キス釣り用の仕掛けが便利です。チョイ投げでしたら、2~3本針が使い勝手が良いです。針の大きさは7号まで。それ以上になると大きすぎて、15センチ程度のキスには不向きかと思います。

 

慣れてくると、自作の仕掛けを使うほうが、コスパがいいですし、仕掛けを作る楽しみも増えます。自作仕掛けに興味がある方は、こちらの私の過去記事をご覧ください。

 

5、エサ

日本ゴカイが最適です。キス釣りに良いとされるのは、日本ゴカイ、朝鮮ゴカイ、チロリの3つです。どれも使いますが、あまり釣果に差はない気がします。特にチロリは、飛びぬけて高価なので、使う必要はないかと思います。赤い汁が気持ち悪いし。。。

 

ですので釣具屋さんでは、迷わず日本ゴカイをチョイスしましょう。私が暮らす愛媛県松山市では、300円分あれば十分です。重さにして30~40グラム前後かと。

 

私は、ゴカイの頭をハサミで落としてから針に刺して、針先から5ミリほど垂らすようにしています。ゴカイの付け方は、こちらのサイトがとても参考になると思います。

なお、「石ゴカイ」イコール「日本ゴカイ」です。

www.youtube.com

 

 6、石粉

「いしこ」と読みます。こんなやつです。

 

 エサのゴカイは基本的にヌメヌメして針に刺し辛いです。でも石粉をまぶすとつかみやすくて、針に刺しやすくなります。

 

1つ200~300円程度で、釣行7~10回くらいは使えるので、ぜひ使用することをオススメします。石粉がないと、エサ付けに時間がかかって、せっかくの釣れる時間帯を浪費してしまうことになりかねませんので。

 

7、竿掛け(竿立て)

キス釣りというと、えんえんと竿をサビキながら竿を手に持っているイメージもありますが、そんなことはありません。私は仕掛けを投入した後に、1~2分放置しておくことはザラです。

 

そんなときは竿掛けがないと、しんどいです。竿掛けがあると、エサ付けのときにも、砂地に直接リールや竿を付けたりしないので、便利です。エサを買うついでに、釣具屋さんで購入しておくといいでしょう。2000~3000円前後です。

 

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT アルミ三脚 3段 CM-379

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B CONCEPT アルミ三脚 3段 CM-379

 

 

 8、水汲みバケツ

持っていくのを忘れると、釣り場で泣きます。

手を洗ったり、釣ったキスを一時保管したりと、使い方はいろいろあります。

 

下記のように、ひもが付いているものを選びましょう。ひもの間に、結び目でコブを作っておくと、海面から引き上げる時に便利です。

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B concept 水くみ丸バケツ 錘付 グリーン 21cm

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B concept 水くみ丸バケツ 錘付 グリーン 21cm

 

 

 9、クーラーボックス

ピンキリです。私が使っているのは、下記の3万円もする超高級クーラーボックスですが、釣具屋さんで3000円~5000円程度のものを選んでおけば良いでしょう。

 

 

ただ、長~く釣りを続けるつもりであれば、下記の7,000円前後のものを買っておくと、長い目で見て良いと思います。やはり高いものほど、保冷力があるとみて良いと思います。

  

 

 10、氷、保冷剤

自宅でたくさん氷を作って持っていくか、釣具屋さんで氷を買いましょう。クーラーボックスに海水と氷を入れて冷え冷えの氷水を作っておくと、釣ったキスを入れてすぐに氷締めをすることができます。氷締めをすることで、鮮度を保てます。

 

保冷剤なら過去記事にも書いたように、 ロゴスのが良いです。詳細は、このページをご覧ください。 

ロゴス(LOGOS) 氷点下パックGTマイナス16度ハード900  81660613

ロゴス(LOGOS) 氷点下パックGTマイナス16度ハード900 81660613

 

 

長々と書きましたが、ぜひ参考にしていただき、キス釣りの良い釣果を上げてください!

 

 

 

 

サビキ釣りで手が汚れない! スーパー吸い込みバケツを発見したよ!

お疲れんこん、きころパパです。

さてサビキ釣りといえば、アミエビ(じゃみ)ですが、皆さん、何を使ってアミエビをカゴに入れてますか? 100均で買ったバケツにアミエビを入れて、割りばしでつまんだり、スプーンですくったりしているのでしょうか?

 

手が汚れない優れものバケツ 

ちょっと待ってください! それって手が汚れますよね? 臭いですよね? アミエビが手に付くと、スーパー臭いますし、爪の間に入ると、もう最悪ですよね!

 

私も以前はアミエビを普通のバケツに入れていましたが、友人に勧められて、あるバケツを買った時から、サビキ釣りがすっごく簡単になりました。

 

それが、この吸い込みバケツです! こいつは、かなりすごいです! サビキ釣り人生が変わるほどの強烈さです! 

第一精工 吸イ込ミバケツ大フタ付

第一精工 吸イ込ミバケツ大フタ付

 

 

このバケツは、中央部分が火山の噴火口のようにへこんでいるのです。そのため、カゴが噴火口にスポっと入ってアミエビがカゴに溜まりやすい、という仕組みです。

 

カゴはもちろん、アミエビにも触れることはなく、手返しも良く次の動作に移れることが魅力です。さらにこのバケツが魅力的なのは、密着式のフタが付いていることです!

 

フタがあるから移動が楽々

バケツにフタが付いているのは、とんでもなく便利なものです。バケツにアミエビを入れたまま、釣り場を変えようとするときに、この密着するフタを付けておくと、車の中でアミエビがこぼれることはありません。

 

これは大きいです! 車の中にアミエビがこぼれると、車の買い替えを考えたくなるほど、最悪の状況になります。臭いです。実際、私が会社の先輩の車に乗ったときに「アミエビこぼしました?」と聞いて、「何で分かるんだ!」と言われるほど、臭いは取れないものなのです。

 

というわけで、私はこの吸い込みバケツを、大と中の二種類買ってしまうほど、気に入っています。超オススメですよ!

 

くわしくは、こちらの第一精工の公式HPをご覧下ください。ほしくなること、うけあいです!

 

 

 

アジのサビキ釣り 1万円以下でそろえる、竿とリールはこれでOK!

 お疲れんこん、きころパパです。

GWも終わり、初夏の釣りシーズンの到来ですね!

 

「ねぇねぇ、きころパパ、サビキ釣りをしたいけど、竿やリールは何がいいの?」

 

と聞かれたり、聞かれなかったりする今日この頃ですが、今回はズバリ1万円以下でそろうサビキ釣り用の竿とリールを紹介したいと思います。

 

手返しの良い4m未満がオススメ

竿はズバリ4メートル未満がオススメです! 理由は「手返し」の良さです。

 

手返しとは、釣ったり、投げたりして、次の動作に移ることを言います。サビキ釣りの場合、撒いたエサのところに魚が寄っているわけですから、魚が散ってしまう前に、次の動作、すなわちサビキをもう一度投げ込むということをいかに早くするかが、釣果に大きく影響するのです。

  

さて、手返しの良い竿となると、長さは4メートル未満が使いやすいです。サビキの場合、一度に数匹のアジが掛かることが多いので、何度も竿を上げて、堤防ヨコの狭いスペースで魚を針からはずしてクーラーやバケツに入れる。。。

 

これを繰り返すのですが、これが4メートル以上もある竿だと、すっごく面倒です。だだっ広い所ならまだしも、狭い堤防ヨコや、隣に人がいたりするともう大変! でも、4メートル未満の竿なら、かなり空間に余裕ができます。

 

小アジを100匹釣り上げた実績

そこで私が今も現役で使っていて、オススメするのが、プロマリン(PRO MARINE) CB 防波堤サビキDX 3-360です。竿の長さは、その名の通り3.6メートル。手返しは最高に良く、Mサイズのカゴにアミエビを詰めていても、思いっきり投げられる優れもので、かつコスパが最高!

 

アマゾンで買うと、3,000円程度です! 超おススメです。

プロマリン(PRO MARINE) CB 防波堤サビキDX 3-360

プロマリン(PRO MARINE) CB 防波堤サビキDX 3-360

 

足元の釣りはもちろん、思いっきり投げられるので飛ばしウキを付けて20メートル程度先に投げることも可能です。つまり、広い範囲で釣りができるということです。

 

私はこの竿で2~3時間の間に、17~18センチのアジを100匹釣ったことがあります。スーパー入れ食いでした!! こうしたときにも、手返しの良さが響きます。

 

ちなみに、この日は40匹を超えたあたりで、妻に「ねぇ、このまま釣って良い?」と聞いたほどです。だって、料理するのは、愛妻ですから。。。 隣でエギングしていた若者たちが「アジングすれば良かった」と悔しがったほどでした!

 

f:id:kikoropapa:20170916100208j:plain

(イメージです)

 

リールも3,000円程度で購入OK!

では、この竿に付けるリールは何が良いのか? シマノ党の私ですが、そのときは近所の釣具屋で大安売りしていたダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 リバティクラブ 1500を使っていました。

  

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 リバティクラブ 1500

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 17 リバティクラブ 1500

 

 

 細く短い竿には小さいリールで

竿自体が短く細いので、1500から2000番くらいの小さめのリールがちょうど良いです。「短い竿には小さいリール」 これは鉄則です! 短い竿に似合わない大きめのリールを付けていると、とにかく疲れます。

 

いま私が買うとしたら、このシマノのリール アリビオ です。 ご覧の通り、すでに糸が付いています。その分、コストを下げられます。

シマノ (SHIMANO) リール アリビオ 2000 2号150m 糸付

シマノ (SHIMANO) リール アリビオ 2000 2号150m 糸付

 

私は同じリールの3000番を買いましたが、リールの性能はもちろん、糸も上等のもののようで、特に巻き癖もなく、良く飛びます。アリビオ2000もアマゾンで3,000円程度なので、コスパ的にも良さそうです。

 

 

私はアジングもしますが、今でもサビキ釣りのほうが好きです。思いっきり投げられるからですかね~ 一時期は仲間内で「サビキング」と呼ばれていたほどです(爆)。

 

ちなみに、サビキ釣りで私が一番よく使うのが、このハヤブサの7号、または10号サビキです。私はこのサビキで尺アジを釣っています。そのときは、10号を使いました。 

ハヤブサ(Hayabusa) 小アジ専科 HS069 オーロラサバ皮 10-3

ハヤブサ(Hayabusa) 小アジ専科 HS069 オーロラサバ皮 10-3

 

 

ということで、これからサビキ釣りの楽しい季節です。安価で高性能の竿とリールで、息の長い釣りを楽しんでください!