愛媛で釣りするきころパパのブログ

愛媛で釣りをする初心者アングラーの日記です

家族で行くなら サビキ釣りで決まり!

さて夏の暑さも少しずつ和らいできて、絶好の釣りシーズンになってきましたね!

今日はお子さん釣れでも簡単に始められる、サビキ釣りを紹介します。

ターゲットは、みんな大好きアジ、イワシです。 

準備簡単! エサ付け必要なし!

サビキ釣りは、エサの代わりに魚皮やビニールが付いた多点針を使う簡単な釣りです。基本的に釣具屋さんで売っている仕掛けを使うので、簡単に始められて小学校低学年の子でも自分で釣りをすることができます。

 f:id:kikoropapa:20170916100200j:plain

主なターゲットは、アジやイワシ。素揚げにすると美味しい小アジから、お刺身にもできる20センチくらいまでのアジ釣りが楽しめます。回遊に当たれば、10匹単位で釣れることもあり、家族みんなで新鮮な魚を味わえることが魅力です。

 

サビキ釣りは、基本的に足元や少し手前に仕掛けを落とす釣り方なので、足元が整備された内港でできます。大型船が停泊するような広い港では、海のすぐ横まで車で乗り入れて、疲れたら車の中で休めたりもできるので、お気楽簡単です。近くにコンビニがあれば、お子さんの急なトイレにも安心!

 

狙い目は、早朝か夕方以降。手ぶらで釣具店に行って、店員さんにアドバイスを聞いて、竿やリール、サビキにカゴ、バケツなどなどを撒き餌と一緒に買って、釣り場に直行するのがいいでしょう。予算は竿を2~3本買うとすれば1万円程度かと。

 

【準備するもの】

①竿とリール:釣具屋さんにアドバイスを求めましょう!

 小学生くらいまでのお子さんなら3メートル前後。大人なら4メートル前後のものが使いやすいです。ぶっちゃけ、安っすい竿でOKです。リールはメーカーにもよりますが、1500番~2000番くらいで十分です。

 

と言っても、最初は自分で選ばずに、安価な竿がリールとセットで釣具屋さんで2,000円~3,000円くらいで売っているので、店員さんに聞きながら買うのがよいでしょう。

 

②サビキと、マキエを入れるかご:釣りに行く直前に釣具屋さんで買いましょう。

サビキ(仕掛け)は、いろいろな種類がたくさんあります。釣具屋さんでお勧めのものを買いましょう。100円のサビキよりも300円のサビキのほうが、釣果は良い気がします。針のサイズは、狙う魚のサイズに比例します。必ず店員さんに釣れている魚のサイズとそれに合うサビキのサイズを教えてもらいましょう。

 

サビキもカゴも、一人に1つ予備を持っていくのがお勧めです。絡まったり、根掛かりしたときを考えて。カゴはMサイズで十分です。1つ100円程度です。最近はセット商品も充実しています。

 

③マキエ:必ず解凍されたものを! 臭い注意!

マキエは、アミエビといわれるプランクトンをレンガのように凍らせたものです。うちの近所では500円前後で売ってます。釣具屋さんの冷凍庫から出したばかりのものは、岩のように凍っていて使えません。半日くらいでも簡単に解けません。

じゅくじゅくに解凍されているものを買いましょう。

 

解凍されたものがなければ、ビニール袋に入れたまま木づちで角から少しずつたたいて粉々にしてからバケツに入れて解かして使いましょう。

釣具屋さんによっては、数日前に予約を入れておくと、解凍しておいてくれるお店もあります。

 

ちなみに、アミエビは衣服に大量につくと、臭いが取れません。車内でこぼすと最悪です。買った後は必ずビニール袋に入れて口を閉じ、安定した場所に置きましょう。クーラーボックスがある場合は、入れてから移動しましょう。

 

最近は、マルキューのアミ姫(オフィシャルサイト)のように、チューブタイプの臭くない商品が人気です。お手軽でバケツいらずなので、女性にも安心です。すごく売れているそうです。

 

④マキエ専用のバケツ:ちょっと良いのを買いましょう!

100円ショップのバケツでもいいのですが、第一精工 すいこみバケツが、凄まじくおススメです!! このオフィシャルサイトを見ていただくと、動画もあってその良さが分かります。アミエビをスプーンですくったり、お箸で入れたりするのは、恐ろしく面倒ですし、手も臭くなります。しかも簡単に汚れも落ちるので、釣行後の後片付けが簡単ですよ! 絶対オススメ! 惚れ込んでいます!

 

 

⑤水汲みバケツ:忘れがちです。気を付けて!

海水をくみ上げて、マキエ用のバケツに水を入れてマキエを溶かしたり、手を洗ったりするためのロープのついたバケツです。バケツのふちに重りの入っている「反転式」が絶対便利。ロープを持ったままバケツを海に入れて海水をくみ上げます。忘れると、かなり痛いです。

⑥ぼろタオルと、魚つかみ、はさみ:忘れないように!

途中で手を拭いたり、魚をつかんだりするように、ぼろタオルを持っていきましょう。釣具屋さんで売っているところもありますが、私はぼろタオルを4等分に切ったものを使っています。ぼろタオルはは、魚を針から外すときにも使えますが、専用の魚つかみを買っておくとより便利です。

 

糸を切るときは、ハサミも必要です。手のひらサイズの300円程度のもので十分です。

 

 

⑦クーラーボックスと氷:新鮮に持ち帰るなら必需品!

クーラーボックスは、安いので十分です。レジャー用のクーラーバッグに氷を大量に入れて、魚はスーパーのビニール袋に入れてもOK。なるべく出費を減らしましょう。高価なクーラーボックスは釣りを本格的に始める時で良いかと。氷は釣具屋さんでも買えます。

 

【釣り方】

動画サイトで事前にチェックしてから行きましょう。「アジ サビキ」などで検索するといいです。子供たちにも見せて気分を盛り上げましょう!

 

基本的には、サビキの下に付けたカゴにアミエビを入れて、足元に落とします。深さや場所を変えながら、釣れるポイントを探ります。ほかの釣り人がどこに仕掛けを放って、どれくらいの深さで釣っているのかを見たり聞いたりするのも上達への近道です。

 

ウキ止めを作れるのなら、飛ばしウキを使って1~3メートル先くらいまでに仕掛けを下手投げで放って釣るのも良いです。とにかく釣れるポイントを見つけるのがキーです。

 

以上、面倒くさそうに見えますが、一度やってしまうと簡単です!

あさ早起きして家族で出かけるもよし、秋の夜長に夜釣りも最高ですよ!

ぜひ、一度お試しあれ!!